サービスを特徴ごとに解説

XMではどの出金方法を使うのが便利?

海外FX業者からの出金は、処理に大きく時間がかかってしまいがちです。
せっかく利益を上げても、なかなか自分の手元に来ないと、不安な面も多いものです。
XM.COMでは、出金に対してどのようなサービスが用意されているのでしょうか。

XM.COMからの出金には3つの方法が選べる!

XM.COMから出金するには、各種クレジットカードやデビットカード、オンライン決済サービスによる電子決済、そして銀行による電子送金の3つの方法をおもに使用します。

出金方法は自由に選べるわけではなく、マネーロンダリング防止の観点から、入金したときと同じ方法を利用することになります。
ただし、国内銀行送金は入金しか利用できないので、出金のさいには改めて別の出金方法を選ぶことになります。

それぞれ処理にかかる時間は、クレジットカードと電子決済が24営業時間以内、電信送金では2~5日かかるとされています。

また、最低出金額はクレジットカードと電子決済が500円および5米ドルから、電信送金が200米ドルからとなっています。

国内銀行を経由する場合には、それぞれの金融機関の手数料が1000~2000円程度かかるので気をつけてください。

出金するさいの細かいルールをおぼえておこう!

クレジットカードによる出金は、入金した金額をキャンセルして払い戻すという形を取るので、基本的に同額分しか引き出すことはできません。もしも利益が出ている場合には、その分は改めて出金方法を選ぶことになります。
また、入金分をすでにクレジットカード会社に支払っている場合には、出金分がXM.COMからクレジットカード会社に支払われ、さらにそれが銀行口座へ振り込まれる、という形を取ります。

入金のさいに別々の方法を組み合わせて利用した場合には、出金はまずクレジットカードの入金分から、次に電子決済の入金分から優先して行われることになります。つまり、優先される分の金額を先に出金しなければ、それ以外の出金方法は使えないので気をつけてください。

出金はポジションを持っている状態でもリクエストすることはできますが、証拠金維持率が150%を下回ってしまうケースでは認められません。

また、入金のさいに利用した名義と金融機関が一致していないケースでも、出金は認められません。

XM.COMでの具体的な出金の方法

出金をするさいには、まず公式サイトにログインして会員ページに移動します。
上に並んでいるメニューから、「出金」を選んでクリックします。

「出金方法一覧」のページに移動したら、それぞれ選びたい方法の下にある「出金」をクリックしてください。
「資金の出金」のページに移動したら、出金したい金額を入力します。このとき、通貨単位は口座を開設するさいに選んだ基本通貨となっているので気をつけてください。

あとは出金優先手順の同意「はい」にチェックを入れ、「リクエスト」をクリックします。
これで口座から出金した金額分がマイナスされていれば、手続きは完了です。

国内銀行送金を利用しているならXMカードが便利!

XM.COMでは、出金専用に使用することができるプリペイドカードを発行しています。
このカードはデビットカードとして使用することができ、マスターカードのマークがあるお店やATMであれば、買い物以外にも、XM.COMの口座から現地の通貨を引き出すことができます。

とても使い勝手がよいので、特に国内銀行送金で入金を行っている方には、おすすめの出金方法です。

申し込み方法は、会員ページの右側のメニューにある「XMカードを管理」をクリックして、電話番号と個人情報を確認し、申込書に記入して提出するだけです。
カードが届いたら、会員ページで使用できるように情報を入力してください。

発行手数料は1枚10ユーロですが、同じEメールアドレスで登録している口座の残高が欧系で2,000米ドル以上あれば、1枚目は無料で発行してもらうことができます。